カワウがゆく2021/03/09

 雨の中で撮ったカワウの飛び立ちです。傘を差しながら撮ったら、カワウのスピードについていけず、画面の端にやっと入りました。
 いまごろになって、カワウの数が若干増えました。ということは、魚がいるということか。魚の群れをまったく見ないのですが。いたとしても、少なめではないかと思うので、魚を食べつくすようなことはしないでね。
 
飛び立つカワウ


黒光りするカワウ2021/02/14

 黒目川の中洲でカワウが休憩していました。たまに羽を広げて乾かしています。天気は薄曇り。やわらかな光にカワウの羽が輝いていました。羽が逆毛だっていたのがよかったようです。黒く見えるカワウの羽ですが、どうしてなかなかディテールが深い。
 
黒光りするカワウ

黒光りするカワウ

黒光りするカワウ

飛び立つカワウ2021/01/12

 きょうは小雨がちの一日でした。カメラの感度を上げて、遊歩道を歩いていると、
カワウが1羽、飛んできました。コサギが1羽、後を追ってきました。カワウが潜る。コサギが舞う。そのコサギを撮る。そんなイメージをつくりあげていましたが、コサギは舞ってはくれませんでした。そのかわり、カワウが飛び立ちました。せっかくなのでシャッターを切りました。
 今季はコサギもカワウも少なく、やたらに静かです。鳥たちも自粛しているのかと思うほど。カワウは増えなくていいから、コサギは増えてほしい。
 
飛び立つカワウ

飛び立つカワウ

バシャバシャと飛び立つカワウ2020/12/30

 カワウの数が増えてきました。魚を根こそぎ食べてしまうので、増えてほしくないのですが…。
 水に潜ったカワウは、その能力をいかんなく発揮します。自由自在に泳ぎ回ります。しかし、いきなり上に飛び立つことはできません。バシャバシャバシャと助走をつけて、飛んでいきます。はず羽を広げてから飛び出すので、比較的タイミングはとりやすい鳥ではあります。ただし、正面から飛んでくる姿を撮るのは簡単ではありません。
 
飛び立つカワウ

飛び立つカワウ

飛び立つカワウ

緑の川面にカワウが1羽2020/06/07

 約1カ月半ぶりに一眼カメラを持ちました。なんとなくしっくりこないのは、間が開いたからでしょう。
 カワセミを撮りたいとおもっていたのですが、遭遇できず。いたのは、若いカワウでした。橋の下で羽を乾かしていました。カワウの羽は油分が少ないので、潜ると濡れてしまいます。風に当てて乾かさなければなりません。羽が濡れることで潜りやすくなるのだろうと思います。
 橋の下は、暗い川面が鏡の役割を演じます。周囲の緑を反射して、パステルカラーのような雰囲気を醸し出しています。ここに白いコサギがいてくれれば申し分ないのですが、残念ながらいたのは黒いカワウでした。気持ちよさそうに30分以上、羽を干していました。
 
緑の川面にカワウが1羽

緑の川面にカワウが1羽

緑の川面にカワウが1羽

春の色彩とカワウ2020/02/28

 黒目川。橋の下でカワウが休憩していました。空は快晴。影になったなった川面が周辺を映し出し、春らしい色合いをみせていました。そういう色の中にカワウを置くと、川のギャングのイメージが少しは良くなるかもしれません。でもやっぱり、ミスマッチかなあ。
 
カワウ

カワウ

カワウ

カワウの欠伸?2020/02/23

 黒目川の浅瀬で辺りをきょろきょろ見ていたカワウが、突然、上を向いて口を開けました。慌ててシャッターを切ったのですが、欠伸だったのかもしれません。まだ若鳥です。羽の色が茶系です。魚を根こそぎ食べてしまうので迷惑千万という人ばかり。そのカワウの数が今年は少ないので、魚自体が減っているのではないかと心配しています。
 
カワウ

カワウ

飛び立つカワウ2020/01/12

 黒目川にいるカワウの数が年末より減りました。それでも、川へ出れば必ず見ることができます。カワウが潜水して魚を追いかけているときは、周囲にコサギやダイサギがいます。カワウの襲撃に慌てて逃げる魚を頂戴するのがサギたちの思惑です。
 カワウが大きな魚を捕ってくれないものかと期待を込めて見ていましたが、いずれも小魚ばかり。かなりがっかりして、飛び立つところを撮ることにしました。カワウの動きが止まったら、飛ぶかもしれません。止まったまま羽を広げる仕草に入ったら、即飛び立ちます。そのタイミングを狙いました。
 
飛び立つカワウ

飛び立つカワウ

飛び立つカワウ