突然現れたアオジ2021/01/28

 黒目川遊歩道をあるいていたら、左手の植え込みからスズメが出てきました。でも、ちょっと色が淡い。よく見ると、アオジでした。黒目川周辺はアオジが好みそうな藪がどんどん減って、アオジを見る機会が減りました。たまに見ることはあるのですが、そのたびに場所が違います。ここにいけばアオジがいる、という場所がなくなりました。ということで、とにかく今季も見ることができたという証拠写真です。
 アオジは、スズメ目ホオジロ科の鳥で、体長は16センチ。スズメより2センチ大きいとはいえ、ちょっと見ただけではスズメにしか見えません。緑がかった色をしているので、しっかり見れば違いはわかります。スズメのように群れて移動することはあまりないようです。
 
アオジ

アオジ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2021/01/28/9342025/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。