雑木林に春の色2017/03/30

 雑木林の前を通ったら、二日目と風景が変わっていました。木々に薄いピンクや黄色があります。芽吹きです。そんなに急に変わるものかという印象です。木々たちは、暖かくなるのを待ち構えていたのでしょう。
《OLYMPUS STYLUS SP-100EE》
 
雑木林に春の色

雑木林に春の色

雑木林に春の色

雑木林に春の色

群生するホトケノザ2017/03/25

 畑にホトケノザが群生していました。ピンクの絨毯のようです。しかし、なんとなく一面がピンクの写真を撮ってみたものの、印象強くありません。広さはありませんが、水平線をだして撮ってみました。もちろん、アップ写真も撮りました。
《Panasonic Lumix-FZ200 + TCON-17X 1~2枚目》
《OLYMPUS STYLUS SH-60 3枚目以降》
 
ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザ

白梅にヒヨドリ2017/03/02

 3月1日は朝からどんより。夕方から雨になりました。
 どんよりの朝、まだ盛りに咲いている白梅をみつけました。せっかくなので近寄っていくと、ヒヨドリが数は、蜜を吸っています。今年の梅もこれで最後かと思い、カメラを向けました。
 枝の奥にかたまっているヒヨドリが枝先に出てきてくれないかと待っていると、一人の男性が通りかかりました。「珍しい鳥でもいるの?」と聞かれたので、「ヒヨドリなんですよ」と答えました。その男性、「ヒヨドリなの」といってさっさと立ち去りました。どこでも見られる鳥って、ちょっとかわいそうだなあと思った次第。
《Panasonic Lumix-FZ200 + TCON-17X》
 
白梅にヒヨドリ

白梅にヒヨドリ

白梅にヒヨドリ

白梅にヒヨドリ

白梅にヒヨドリ

白梅にヒヨドリ

まだ満開 ロウバイ2017/02/19

 久しぶりに落合川へ行くことにしました。自転車をこいでいると正面に黄色い花が輝いています。ロウバイです。1本しかありませんが、満開です。本来なら1月に紹介するのが季節感というものでしょうが、せっかく満開なので写真を撮ることにしました。
 しかし、この花は難しい! 花が下を向いて並んでいるので、特徴のない写真になってしまいます。しばらく腕組みをして、悩んでしまいました。
《OLYMPUS STYLUS SP-100EE》
 
ロウバイ

ロウバイ

ロウバイ

ロウバイ

ロウバイ

ロウバイ

早くも河津桜が咲く2017/02/08

 東久留米市内にある団地を歩いていたら、木にピンクの花が咲いています。てっきり紅梅だと思って、いそいそと近寄りました。梅にしては雰囲気が違います。幹を見みると明らかに桜の木です。もしや河津桜?
 散歩している人がいたので聞いてみると、「そうです、河津桜ですよ」と教えてくれました、団地内には何本か河津桜があるそうです。その中でいちばん最初に花を咲かすのがこの木で、「毎年、早く咲くのよねえ」といっていました。まだ咲きはじめで賑やかではありませんが、梅の写真も紹介しないうちから桜を見ていただくというのも、一風変わっていますね。
《OLYMPUS STYLUS 1》
 
河津桜

河津桜

河津桜

河津桜

河津桜

新年にみつけた冬の5色2017/01/02

 いかにも寒そうな色もあれば、ほっとする色もあります。色味の少ない冬だたか色がほしくなります。年明けに見つけた5つを。
 
新年にみつけた冬の色

新年にみつけた冬の色

新年にみつけた冬の色

新年にみつけた冬の色

新年にみつけた冬の色

霜に育つ麦2016/12/05

 きょうは妙に暖かかったですね。寒暖差がありすぎて、体の調子がくるってしまいます。
 そんな気候の日は、真冬の寒さになった11月26日の朝の写真を見ていただいきましょう。25日の初雪から一気に冬が来たので、たくさん写真を撮りました。今になっても紹介しきれずにいます。
 畑に麦の芽が伸び始めています。そこへ早くも霜が襲いました。冷え冷えとしています。麦の芽にレンズを向けながら、美空ひばりの歌を思い出していました。「人生一路」。これに麦の話が出てきます。
 雪の深さに埋もれて耐えて/麦は芽を出す春を待つ
《Panasonic Lumix-G6 + 100-300mm》
 
霜に育つ麦

霜に育つ麦

霜に育つ麦

霜に育つ麦

霜に育つ麦

霜に育つ麦

枯れオブジェ2016/11/22

 夕日に光る枯れオブジェ。背景が暗く落ちる角度で撮ってみました。イタドリに蔓植物が巻き付いているようです。
《OLYMPUS STYLUS SP-100EE》
 
枯れオブジェ

枯れオブジェ

枯れオブジェ

枯れオブジェ