オナガが飛んだ2015/12/18

 黒目川周辺にオナガが集まる場所があったのですが、木が伐られたため姿をあまり見なくなりました。それがどういうわけか、通りかかったときに群がいました。対岸から撮るしかなかったので距離がありすぎました。とはいえ、せっかく遭遇したのでシャッターを切りました。
 オナガは、スズメ目カラス科の鳥。早い話がカラスの仲間です。ギューイギューイと鳴いて群れるところはカラスによく似ています。体長は37cm。ハシブトガラスが57cmですから、ずいぶん小さい。といってもスズメの3倍近くはあります。ユーラシア大陸の西端と東端の両極に別れて棲息します。なぜ両極に別れたのか。日本では、東日本にしかいません。
 東久留米市の「市の鳥」になっていて、市のホームページには「四季を通じて本市に生息しています。オナガどうしは仲がよく、力を合わせて事に当たるという習性があり、市の鳥としてふさわしいといえます」という解説が載っています。
 
オナガ

オナガ

オナガのやんちゃ坊主2015/06/01

 雑木林の近くを走る電線に、オナガが1羽とまりました。ちょっと遠めですが、下手に動くと飛び去ってしまうので、写真を撮りながらゆっくり前進しました。オナガは体が小さめで、羽をばたつかせています。巣立って間がないお子ちゃまがバランスとりの練習でもしているのでしょう。いかにもやんちゃです。
 そのうち、大きいオナガが飛んできました。親かもしれません。嘴に何かをくわえています。2羽のオナガがキスをしました。親が子に食事を与えている姿です。ヒナはずいぶん大きくなったとはいえ、まだ親に頼っているんですね。かわいらしいです。
 
オナガの若

オナガの若

オナガの若

オナガの若

オナガの若

オナガの若

柿食うオナガ2014/10/11

 ギャーギャーとオナガの声がするので辺りを見回すと、遠くの柿の木にオナガの群がいました。茶色っぽい鳥とバトルを繰り広げています。オナガより小さい茶色い鳥は何だろう。だめもとで写真を撮り、モニタで拡大してみました。どうらやモズのようです。秋から冬にかけてモズは縄張りをもちます。この場所はオナガの多いところ。縄張り争いをしていたのでしょう。モズががんばってくれれば、今後モズを撮ることができるかもしれません。
 バトルが終わり、オナガがちょっと手前にある柿の木にやってきました。柿の実をつついています。10月半ばに柿の実をつつくのは、ちょっと早い。今年は、甘くなるのが早いのかもしれません。それにしても距離があったので、トリミングしました。
 
柿食うオナガ

柿食うオナガ

柿食うオナガ

柿食うオナガ

柿食うオナガ

柿食うオナガ

桑の木のオナガ2014/07/09

 今年の桑の木は、葉が多いような気がします。おかげで、桑の実を食べる鳥の写真がまったく撮れませんでした。
 木漏れ日がオナガの顔に当たって目が光ったので、急いで写真を撮りました。
 
オナガ

アジサイとオナガ2014/06/19

 落合川で休憩していたら、アジサイの前にオナガがやってきました。後ろ向きなので、長い尾がきれいに見えます。アジサイとのコラボもわるくありません。オナガって、こんなに美しかったっけ?
 
アジサイとオナガ

アジサイとオナガ

青空のオナガ2014/01/31

 東久留米にはオナガがたくさんいます。市の鳥になっています。鳴き声は「ギューイ、ギューイ」なので、美声とはいえません。群れで生活しているので、ちょっとばかりうるさいです。しかし、姿はいい。顔が黒いので、目が光ってくれないと表情が出ません。
 スズメ目カラス科。カラスの仲間なんですね、これが。北海道を除く中部地方以北と東アジア、ヨーロッパのイベリア半島の一部に一部に棲息しています。地球の東西に分かれて棲息しているところが不思議です。氷河期が影響しているようです。かつては西日本にもいたようなので、国内の分布は狭くなっているそうです。しかし、数は増えているとか。これまた不思議です。
 写真は、青空をバックに撮ったもの。4枚目で群れの規模がおわかりいただけるかと思います。
 名前に「オナガ」とつく鳥は、オナガガモ、オナガミズナギドリ、オナガフクロウがありますが、この鳥は「オナガ」とだけいいます。尾が長いからです。
 
オナガ

オナガ

オナガ

オナガ

オナガはやっぱり尾が長い2013/12/09

 柿の木にオナガがいました。まだ実が残っています。どうするのかなと思いながら見ていると、実にアクロバティックな格好で実をつつき始めました。オナガも曲芸ができるんだ!
 そういえば、オナガの尾が横に伸びた写真を撮ったのは今回が初めてのような気がします。いつもは尾が下に垂れています。で、改めて認識したのは、その尾が長いこと。だからオナガというんですが、納得するって大事ですよね。
 
柿の実を食べるオナガ

柿の実を食べるオナガ

柿の実を食べるオナガ

柿の実を食べるオナガ

柿の実を食べるオナガ

オナガのヒナは尾が短い2013/07/20

 オナガのヒナが木の枝にいました。私より先に来て写真を撮っている人に聞いたら、巣から落ちて、自力ではい上がったそうです。ただ、ヒナがいる場所が悪かったので、他を見てから戻りました。その間、約10分。「残念でしたねえ、5分前に親鳥が来てヒナにエサをやったんですよ」といわれてしまいました。私は、いつもタイミングをのがすので、「またやってしまいました」と返事をしてしまいました。
 ヒナの頭も黒っぽいので、よく見ればオナガだとわかりますが、尻尾が短いので、ちょっと見はムクドリのようでした。
 4枚目に親が卵を抱いている写真を掲載しましたが、このヒナの親ではありません。オナガの巣をご覧いただくための例示です。
 
オナガのヒナ

オナガのヒナ

オナガのヒナ

オナガのヒナ