まだいてくれたタシギ2013/03/10

 1月に発見したタシギが、まだ黒目川にいます。川の端で長い嘴を地面に突っ込んで食事をしているか、岸に上がって眠っているかのどちらか。立ち居振る舞いに、とくに新しさはありません。なので、見慣れてくると写真を撮ろうと思わなくなります。
 しかし、川の真ん中にいたりすると話は別です。体全体を邪魔物なにし撮れるチャンスなので、慌ててカメラを取り出す始末。嬉々としてシャッターを切るのですが、どう撮っても地味になってしまいます。
 ところで、タシギの周辺に鳥の羽が落ちています。これはだれの羽なのでしょう。
 
タシギ

タシギ

タシギ

タシギ

やっと出合えたタシギ2013/01/13

 冬の黒目川には、毎年1羽だけタシギがやってきます。同じ個体かどうかはまったくわかりません。年明け早々から「タシギを見た」という話を聞いていたのですが、ずっと発見できずにいました。茶色い岸辺で茶色い鳥を探さなければいけないので、やっかいです。動いてくれれば見つけやすいのに、眠っていることも多い。たまたま動いていてくれたので、写真が撮れました。撮り始めてすぐに朝寝をきめこまれてしまったので、ことしも黒目川に来たという証拠写真として紹介します。この鳥は、夕方の方が活動的です。
 タシギは、チドリ目シギ科の鳥で、体長は27センチ。ハトより一回り小さい感じでしょうか。旅鳥で、春と秋に渡来するそうです。本州中部以南では冬鳥。関東では越冬する個体もあるそうです。東久留米で1月に見るのは早い方だと思います。田圃でよく見られるシギなので「タシギ」といわれます。長い嘴が特徴で、これを地面に突っ込んでミミズなどを食べます。
 飛び方にも特徴があって、身体を左右に傾けながらジグザグに飛びます。かなりのスピードで飛ぶので、カメラで追うのは難しい。今年は、飛び立つ瞬間が撮れるかどうか…。
 
タシギ

タシギ

タシギ

タシギ

いなくなったタシギ2012/02/26

 1月末、「今年も来てくれた」といって紹介したタシギの姿を見なくなって2週間。どこかへ行ってしまったのでしょうか。黒目川は移動途中の通過点なので、長くはいてくれないのですが、周囲が春めいた感じになるまでいてほしかった。
 写真は、2週間前の夕方に撮ったものです。沈みかけた西日のためにコントラストがつきすぎて見にくいのですが、なんとか緑の葉といっしょに撮ることができました。この葉は、クレソン(オランダガラシ)ではないかと思います。これもヨーロッパ原産の帰化植物です。
 
 
タシギ

タシギ

タシギ

今年もタシギが来てくれた2012/01/31

 スズメが20羽ほど、土手の枯れ枝に舞い降りてエサを探していました。茶色をバックに茶色の鳥を撮っても、スズメがどこにいるのかわかりづらい。写真を撮るのをやめて、撮りやすい場所に移動するまで眺めていました。
 そのうちに、茶色い大きなものが動いたように見えました。目を凝らしてもよくよくわかりません。望遠レンズで覗いてみました。やっぱり何かいます。タシギに違いありません。昨年の冬もこの場所に来てくれたタシギがいましたから。こちらもテンションが一気に上がり、移動してくれるのを待ちました。枯れ枝の真ん中で休憩されたらたまったものではありません。
 鳥はすぐに川まで移動してくれました。やっぱりタシギです。長い嘴を土に差し込んでエサを探しています。地面を突き刺しながら歩きます。ぱっと手前の土手に飛び移りました。なんの前触れも見せないで飛び、そのスピードも速いので、飛んだところまでは撮れませんでした。近くにある橋を渡って対岸に移動して、撮り続けました。
 タシギは、チドリ目シギ科の鳥で、全長27センチ。14センチのスズメの横で見ると、巨大な鳥に見えてしまいました。春と秋の渡りの途中で日本に渡来する旅鳥です。
 
タシギ

タシギ

タシギ

2年ぶりのタシギ2011/02/06

 黒目川にタシギ(田鴫)がやってきました。冬になると毎年来る鳥ですが、昨年は見た人がいません。2年ぶりの登場ということになります。茶色の鳥が枯れ草にまぎれているので、ちょっと見ただけでは存在に気づきません。いかにも保護色という感じです。おまけに、長い時間じっとしています。枯れた枝にしか見えません。
 黒目川には長い期間いることはないので、出合えたのは幸運でした。地味な鳥ですが、きれいな羽をしています。
 タシギの大きさは、ムクドリとハトの中間でしょうか。シギだけあって嘴が長く伸びています。この嘴を地面に差し込んで餌をとっていました。長い嘴がすべて隠れるくらい深く入れます。ミミズがいるのでしょう。遠くにいたので、小さくしか写真に撮れませんでした。
 タシギが飛び立つところを写真にしたいのですが、そのチャンスがあるかどうか。身体を傾けて飛ぶ姿は、スピード感があって、つい見とれてしまいます。

タシギ

タシギ

タシギ

タシギ