獲物の奪い合い ダイサギとコサギ2011/03/01

 コサギが魚をつかまえているのを見たダイサギは、コサギに飛びかかっていきました。コサギの頭に嘴を突き当てて、魚を奪おうとします。コサギは必死にこらえて、魚をくわたまま逃げ去りました。写真を撮っているときには、事態がよく飲み込めませんでした。改めて写真を見て、やっと把握できました。
 辺りはコサギが十数羽いて、それぞれに魚をとろうと懸命です。ダイサギも一緒になって走り回っていました。そんなときの出来事です。ダイサギは興奮状態だったようです。このあとも、別のコサギに突っかかっていき、コサギの頭に嘴を突き当てようとしました。
 ふだんは仲良くやっているのに、群れながらエサ捕りを始めると、ヒステリックになるようです。コサギも同じで、仲間同士の喧嘩もやります。ただ、コサギがダイサギに向かっていくのは見たことがありません。

獲物の奪い合い

獲物の奪い合い

獲物の奪い合い

獲物の奪い合い

獲物の奪い合い

ツーショットをねらったが…2011/03/01

 きょうは朝から曇って、夕方にから雨になりました。その朝、遠くにダイサギが見えました。近寄っていくと、横にゴイサギがいます。ツーショットのチャンス。飛ぶなよ、と思いながらコンパクトカメラの電源をオンに。テレコンバーションレンズを付け、目一杯まで望遠にしました。
 カメラを構えて撮り始めようと思ったときに、ダイサギが飛んでしまいました。写真は、そのときのもの。ピンは甘いし、露出ももうひとつ。あと2~3分早く到着していれば、もうちょっと余裕があったのに! それでも、ゴイサギも一緒に撮れたので、仕方がないと諦めましょう。

ダイサギとゴイサギ

舞い降りるカルガモ2011/03/02

 黒目川には、たくさんカルガモがいます。徒歩で20分くらいの距離ですが、必ず歩く場所で数をかぞえてみると、多いときで15~16羽ほどいます。だいたい2羽ずついるので、番になっているのではないかと思います。1羽だけでいるのもいますが…。
 写真は、下流から飛んできて舞い降りるカルガモです。着陸態勢なので身体を立てています(上の写真)。首を前に突き出していますが、着水したときの首は上にあがっています。羽でスピードを殺しながら、足で滑ってから胸が水に着きます。
 カルガモの分布を図鑑で調べてみると、アジアの鳥でした。日本、朝鮮半島、モンゴル中国、ベトナム、インド、パキスタンなどにいるようです。ロシアの一部にもいるかもしれません。案外、狭い地域にしかいないなあ、という印象です。大事にしなくてはいけませんね。

舞い降りるカルガモ

舞い降りるカルガモ

またいたハチジョウツグミ2011/03/02

 ハチジョウツグミらしい鳥に再び出合いました(写真上)。なんとなく畑を見たらツグミがいるので、写真を撮りました。撮りながら、いつものツグミらしくない感じがしました。ツグミのお腹は黒と白のまだらです(写真下)。きょうのツグミのお腹は、オレンジ色のまだらです。それはハチジョウツグミだったはずだ。
 1月半ばから後半にかけて、黒目川の近くにハチジョウツグミがいました。ところが2月に入って、姿を消してしまいました。そのとき見たツグミ(写真中)と、きょうのツグミがそっくりです。
 「写真上」と「写真中」とを比べると、同じ個体ではないことがわかります。「写真上」は目の上の白い線がはっきりしていて長く、喉の下も白いです。ハチジョウツグミは交雑種があるとかで、ちゃんと調べないとわからないかもしれません。図鑑を見ると、亜種ツグミ、亜種ハチジョウツグミなどの解説が載っていて、頭がこんがらがってしまいました。きょうのところは、ハチジョウツグミの違う個体に出合った、ということにしておきます。

ハチジョウツグミ

ハチジョウツグミ

ハチジョウツグミ

白梅にヒヨドリ2011/03/03

 黒目川沿いにある学校の校庭に白梅が咲いています。金網越しにのぞいてみたら、ヒヨドリが蜜を吸っていました。金網の目が荒かったので、隙間から写真を撮りました。アクロバットのような格好もしてくれましたが、カメラが追いつかず、おとなしい写真になってしまいました。望遠コンパクトカメラなので解像度が悪いです。

白梅にヒヨドリ

白梅にヒヨドリ

春の霜2011/03/03

 ひな祭りだというのに、今朝は寒かった。撮りたい鳥を探しに早起きしたものの、お目当ての鳥を発見できず。北風に吹かれたたけでした。黒目川沿いの畑には霜が降りていて、ふるえてしまいました。3月の霜なので、記録にとどめておこうと思います。
 それでも、土手にはアブラナなのかカラシナなのかがよくわかりませんが、黄色い花をつけ始めました。暖かくなれば一気に咲き乱れるだろうと思います。

春の霜

飛ぶカワセミ2011/03/04

 最近、カワセミをよく見かけるようになりました。オスとメスがいます。先日は、この2羽が追いかけっこをしていました。番になる準備でしょうか。
 「写真上」をオスが飛んでくるところ。「写真下」はメスです。晴れた日にカワセミが飛ぶ姿は、実に美しいです。太陽に輝いて、水面を宝石が移動しているようです。

カワセミ

カワセミ

ゴイサギとお見合い2011/03/04

 ここらへんにゴイサギはいないかな、と手すりの間から川をのぞいてみると、なな、なんと、ゴイサギとお見合いをしてしまいました。ゴイサギもびっくりしたのか、動くに動けずの状態。ゴイサギの目をみながらカメラを構え、ゆっくファインダーに目をやって、写真を撮りました。2枚の写真とも、風が吹いてくれたので、動きが出ました。冠羽(頭の後ろから出ている白い飾り羽)も風に舞ってくれました。
 それにしても、赤い目の大きいこと。ビー玉のようです。ちょっとばかり、デメキンなんですね。この目で、夜、魚をとるのだからすごい。
 あまり脅かしてはいけないと思って、一歩後に引きました。そのとたん、ゴイサギは身を翻して飛び去りました。

ゴイサギ

ゴイサギ