水滴2017/09/01

 昨晩と今晩は秋の真っただ中のような気温です。暑いより楽ですが、どんより曇って、ときおり雨が降るので、気分が晴れません。黒目川には鳥もいないことだし、水滴を撮ってみました。マニュアルレンズはなかなかピントが合わないので、手がかかります。
《Panasonic Lumix-G2 + CANON FD50mm macro》
 
水滴

水滴

水滴

水滴

アオサギにまだ嫌われている2017/08/30

 きょう8月30日は、強烈なゲリラ豪雨が東久留米周辺を襲いました。仕事に出ていて現場を見てはいませんが、ニュースに東久留米市や隣接する埼玉県新座市が出てきたので、猛烈だったようです。常識的な雨に戻ってほしいです。夏の夕立には風情がありましたが、ゲリラ豪雨は危険しかありません。
 数日前、アオサギに出くわしたのでカメラを向けると、すぐに飛ばれてしまいました。ちょっと先に舞い降りたので再びカメラを構えると、また飛んでいきます。このアオサギには嫌われ続けています。
《Panasonic Lumix-G2 + Panasonic 45-200mm》
 
アオサギ

アオサギ

ぶらり散歩で2017/08/29

 異様な蒸し暑さで体が腐りそう! 秋が待ち遠しい時期にこれでは、バテ方がきついです。黒目川に行っても鳥がいないので、雲が多めのときに近くを歩いてみました。ミラーレスに135mmのマニュアルレンズをつけて、どこまで手動でピントが合うか、実験です。行き当たりばったりの写真なので、テーマに統一性はありません。
 パソコンが作業中に固まってしまうようになりました。いつそうなるのかは、パソコンしかしりません。びくびくしながらこれを書いています。本当にアップできるだろうか。入れ替えの時期かもしれません。
《Panasonic Lumix-G2 + CANON FD135mmF2.8》
 
散歩写真
散歩写真

散歩写真

散歩写真

散歩写真

散歩写真

花にしがみつくマルハナバチ2017/08/27

 キバナコスモスの群落に行くと、マルハナバチが蜜を吸いに来ていました。ずんぐりむっくりした体で大きめなので、とまると花が下を向いてしまいます。なので、いつもひっくり返っています。落ちないように花にしがみついている姿がかわいらしいです。おとなしい蜂なので、寄れるだけ寄ってシャッターを切りました。下の写真は、かなりトリミングしたものもあります。
《Panasonic Lumix-G2 + OLYMPUS 40-150mm》
 
マルハナバチ

マルハナバチ

マルハナバチ

マルハナバチ

マルハナバチ

毎年恒例 オオスカシバ2017/08/25

 8月末から9月初旬にかけて毎年撮っているのが、オオスカシバです。場所も同じ。これが蛾ですからねえ。子どものころは蜂だとばかり思っていて、これが飛んで来ると逃げていました。
 この場所は、団地の庭です。必ずキバナコスモスの群落ができ、蝶や蜂がやってきます。順光側にいた方がいいアングルで撮れるので、これまでは順光写真でした。今年は、逆光側から撮れる場所にオオスカシバがいてくれたので、喜び勇んでシャッターを切りました。ところが、使ったレンズが思うようにいきませんでした。合焦が遅くて、よく抜ける。カメラの力もあまりないかもしれません。ちょっとイラつきながらの写真になりました。
《OLYMPUS E-M10 + OLYMPUS 40-150mm》
 
オオスカシバ

オオスカシバ

オオスカシバ

オオスカシバ

オオスカシバ

50mmマクロで遊ぶ2017/08/24

 ミラーレスのカメラが登場して、古いマニュアルレンズがアダプターを介して利用できるようになりました。ミラーレスの最大の功績ではないかと思います。Canonのマニュアルレンズ(FDレンズ)をしまい込んでいた私にとっては、起死回生のカメラです。以前は2000円も出せば買えたレンズが、いまでは5000円でも買いえない事態。そこは困っています。
 とはいえ、近視・乱視・老眼の3点セットの目でマニュアルレンズを使うのはつらい。その気になったときにしか使いません。望遠レンズが重くて困っている昨今、FDレンズの中古を発見。50mmマクロレンズです。きれいなレンズでなのに激安! 古いタイプのレンズは持っていましたが、新しいタイプのレンズだったので、つい購入してしまいました。きょうが初撮りです。何十年も前のレンズが「新しいタイプか」「古いタイプか」などというのも、不思議な感覚ですね。
 新しいタイプのマクロレンズは、私のカメラに相性がよいようで、ピントもあまり苦労せずに合ってくれました。マニュアルアシストやピーキングは必要なさそうです。ちなみに、50mmをマイクロフォーサーズのカメラに装着すると、見かけの焦点距離は100mmになります。
《Panasonic Lumix-G2 + Canon NFD50mm macro》
 
50mmマクロで撮る

50mmマクロで撮る

50mmマクロで撮る

50mmマクロで撮る

50mmマクロで撮る

50mmマクロで撮る

50mmマクロで撮る

保護色で交尾2017/08/23

 黒目川遊歩道に植えてある木を眺めながらセミを探していると、木の肌でもぞもぞ動くものがありました。それも1つや2つではありません。何十もいます。目を凝らすとカメムシのようです。なかには交尾しながらいどうしているものもいます。歩きながら木を見ていたら発見できなかったに違いありません。
 体中が痒くなりそうな気分でしたが、がんばって写真を撮ってみました。1枚目だけiPhoneで広く撮りました。2つのカップルが写っているのがわかるでしょうか。
 さてこのカメムシ、ネットで調べてみると、キマダラカメムシというようです。台湾から東南アジアにかけて棲息する虫で、帰化種だそうです。急速に分布を広げているとか。日本にいるカメムシ亜科のなかで最大種なのだそうです。「カメムシ亜科」がどういう意味なのかはわかりませんが、大きいことだけはわかります。8月8日に紹介したカメムシは、キマダラカメムシの幼虫の可能性が高くなりました。
《1枚目 iPhone》
《2枚目以降 Panasonic Lumix-G7 + OLYMPUS 14-140mm》
 
カメムシの交尾

カメムシの交尾

カメムシの交尾

カメムシの交尾

初めてのレンズ2017/08/22

 明るい単体レンズをマイクロフォーサーズで使ってみようと思い、25mmF1.7mmを手に入れて使ってみました。フルサイズでいえば、50mmレンズに相当します。使ってみると、かなり寄れるレンズであることがわかりました。本当なら人物を撮りたいのですが、それはおあずけ。絞りをなるべく開けて撮ってみました。
《OLYMPUS E-M10 + OLYMPUS 25mm F1.7》
 
クモの巣

クモの巣

黄色い花

黄色い花

トンボ

トンボ

トンボ