ツバメ少年少女合唱団2017/07/14

 駅で子育てするツバメ。ヒナたちは、親が近づくと大口を開けて「餌をくれ~」とせがみます。その姿を見ながら、古い歌を思い出してしまいました。デューク・エイセスが歌った「筑波山麓合唱団」。作曲は、いずみたく。作詞は、永六輔。この合唱団はカエルなんですが、ツバメのヒナたちに相通じるところがある?????
《Panasonic Lumix-G7 + 100-300mm》
 
ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメの子育て 第2ラウンド2017/07/12

 ツバメの子育ては、第2ラウンドに入りました。東久留米駅でも、2回目の子育てが始まっています。1回目の巣を修復して再利用しているのですが、親は同じなのか違うのか、そこがわかりません。
 今回紹介する親子は、今季初めてこの巣を使います。時期的には第2ラウンドですが、この巣でいえば初回の利用です。昨年使った巣を修復しました。真下を人が通るため、塵取りのような形の糞よけが設置されています。駅の人たちの配慮ではないかと思います。
 ツバメたちが戻ってくるためには、こうした前年の巣があることも重要な指標なのかもしれません。
《OLYMPUS E-M10 + 100-300mm》
 
ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

カルガモのヒナ軍団2017/07/11

 やっと時間ができたので川を歩いたら、カルガモのヒナに出合いました。時期が時期だけに、すっかり大きくなっています。7羽の集団でした。しかし、親の姿がありません。事情があったのかもしれません。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
カルガモのヒナたち

カルガモのヒナたち

カルガモのヒナたち

カルガモのヒナたち

カルガモのヒナたち

今年もハグロトンボを見た2017/07/10

 毎年、この時期になると川の周辺でハグロトンボを見ます。ひらひらと飛ぶのが特徴で、見ていてなごみます。まだ、川に近い日陰にいます。梅雨明けごろには川に出てきて飛んでくれるのではないかと思います。
 オスは胴体が金緑色の光沢があるのですぐにわかります。メスの胴体は茶色で地味です。オスの翅の方が黒いのですが、光の当たり方によっては細かな筋が走っているのがわかります。メスの翅は茶色で、光をよく通します。メスの翅にも筋があります。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
ハグロトンボ

ハグロトンボ

ハグロトンボ

ハグロトンボ

ハグロトンボ

ヤブミョウガが咲いた2017/07/09

 自宅近くにある雑木林で、今年もヤブミョウガが咲きました。白いのが花のようです。秋になると濃い青紫の実をつけます。
 花といっても地味なので、ただ撮っても面白みがありません。ちょうど、雑木林に夕日が差し込んでいたので、光をバックに撮ってみました。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
ヤブミョウガ

ヤブミョウガ

ヤブミョウガ

ヤブミョウガ

ヤブミョウガ

ヤブミョウガ

荒れ地に飛ぶアオサギ2017/07/07

 いつもの黒目川。アオサギが飛んでくれたのはいいけれど、背景が最悪でした。一時的な大雨で川が増水し、草をなぎ倒してしまいました。そこを飛んだものだから、荒野の写真になってしまいました。バックの処理が、なんて余裕はどこにもありませんでした。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

夏のアオサギ2017/07/07

 やっと夏らしい写真が撮れました。今年は梅雨らしくない日が続き、いまになって大雨がきました。黒目川の岸に生えた草がなぎ倒されています。しかし、水量は一気に減り、この時期としては川に深さがありません。写真のアオサギが歩いているところは、こんなに浅くては困る場所です。
 九州豪雨の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
夏のアオサギ

夏のアオサギ

夏のアオサギ

夏のアオサギ

真冬のスズメ2017/07/05

 いずれも今年1月に撮ったスズメです。川面の色が時間や場所によって変化するので、それを撮るのも冬の楽しみです。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
真冬のスズメ

真冬のスズメ

真冬のスズメ