50mmで撮る(13)花火2014/02/17

 「50mmレンズで撮る冬のオブジェ」の13回目。
 撮った写真を見ていたら、花火を連想したので、題名にしてみました。真逆の季節感ではありますが。無理筋かな?
 
冬枯れ

冬枯れ

雪原のカシラダカ2014/02/17

 雪原なんていかにも北国のように書きましたが、毎日紹介している黒目川の土手です。雪が被って、雪原のように見えるだけです。そこに茶色い鳥が歩いていました。初めはスズメかと思って気にも留めなかったのですが、頭がトサカのようになっています。これはスズメではない! カシラダカです。十数羽の群れが地肌が露出してところで餌をあさっていました。雪の上を歩くのは移動のためです。
 ビンズイ、オオタカと初めて紹介する鳥が続き、このカシラダカもまた初めて紹介できました。
 カシラダカは、北国から渡ってくる冬鳥です。しかし、黒目川で見ることはほとんどありません。雪で地表が覆われたため、地肌が見える場所を探していたのだろうと思います。写真は16日に撮ったものですが、17日の朝には姿を消していました。
 カシラダカは、スズメ目ホオジロ科の鳥で、体長は15cm。スズメが14cmなので、遠くからちょっと見ただけでは区別がつきません。特徴は、名前の通り頭の羽毛が逆立って頭が高くなることです。緊張したり警戒したりすると逆立つそうです。漢字で「頭高」と書きます。
 羽毛が逆立っていないときもあるので、ホオジロと区別できないときがあります。その場合は、お腹を見ます。ホオジロのお腹はオレンジっぽい色をしていますが、カシラダカは白っぽい。カシラダカには夏羽と冬羽があって、なかなか複雑です。写真の鳥は冬羽なのでしょうが、私には雌雄の区別がつきません。
 
カシラダカ

カシラダカ

カシラダカ

カシラダカ

カシラダカ