蜂のように飛び回る蛾2014/08/19

 ぱっと見は蜂。飛んでいる姿も蜂。空中でホバリングしながら長い管を花に延ばして蜜を吸う。花にとまることはありません。その名は、オオスカシバ。関東から沖縄にかけて分布するスズメガ科の蛾です。蛾なのに昼間に活動します。キバナコスモスの蜜が好物のようで、何匹も飛んでいました。
 子もどのころは、クマンバチだ誤認して逃げ回っていました。蛾であることを知って、近づけるようになりました。
 
オオスカシバ

オオスカシバ

オオスカシバ

オオスカシバ

オオスカシバ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2014/08/19/7416999/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。